浦 研究室 研究論文目録 25(2004/06/21 現在)

Here is English version.



(K) 各種報告書

  1. 上野 道雄・安藤 裕友・渡部 巌・二村 正・前田克 弥・大川 豊・田村 謙吉・浦 環・浅川 賢一・藤井 輝夫・近藤 逸人・小島 淳一・伊藤 譲・久松 勝久・佐伯 延博・和田 保弘:"深海モニター用小型ロボットシステムの技術開発",海上技術安全研究所報告,Vol.3,No.6, (2004.2), pp.611-694
  2. 日本原子力研究所東海研究所エネルギーシステム研究部(浦 環・賞雅 寛而・西村 一・青木 太郎・上野 道雄・前田 俊夫・中村 容透・島津 俊介・徳永 三伍・柴田 陽三・外川 織彦・石田 紀久・島崎 潤也・小野田 直光・高橋 照雄・楠 剛・頼経 勉):"原子動力海中航行観測船の運航条件及び運行システムの検討、海洋調査への超小型炉の活用検討ワーキンググループ報告", (2001.7)
  3. 海中工学研究センター・船舶技術研究所・(株)KDD研究所・(株)海洋工学研究所:"平成12年度深海モニター用小型ロボットシステムに関する調査報告書", (2001.03)
  4. 中工学研究センター・船舶技術研究所・(株)KDD研究所・(株)海洋工学研究所:"平成11年度海洋環境の画像によるモニタリングシステムの開発に関する調査報告書", (2000.3)

(L) その他

  1. 浦 環:"船のリサイクルを考える−インドのグジャラート州の解徹業−", TECHNO MARINE, No. 860, (2001.3), pp. 146-149
  2. 亀山 道弘・木原 洸・平岡 克英・浦 環:"船舶からのCO2排出に関するライフ・サイクル・インベントリ分析",第4回エコバランス国際会議 , (2000.10), pp. 517-520
  3. 浦 環・今津隼馬:"Role of the Human Element - Report on the investigation into near misses -", IMO, 72/INF. 9, (2000.2)
  4. 浦 環:"シー・エンプレス号の教えるもの", 日本航海学会誌, No. 141, (1999.9), pp.36-42
  5. 浦 環・三谷 泰久・久葉 誠司・坂井 信介:"大型タンカーの海難救助論 シー・エンプレス号に学ぶ", 成山堂書店, (1999. 8)
  6. 今津 隼馬・浦 環:"船舶運航時におけるニアミス事例について", 航海学会論文集, Vol. 100, (1999.3), pp. 67-73
  7. 浦 環・他編著:"重油汚染・明日のために", (株)海洋工学研究所出版部, (1998.12)
  8. 木原 洸・亀山 道弘・浦 環:"船舶建造のLCA",Proc. of Ecobalance'98, つくば, (1998.11), pp.325-328
  9. 山中 博通・黒田洋司・B.A.A.P Balasuriya, 浦 環:"ステレオビジョンによるローバの位置推定と地形図の生成", Proc. ISAS'98 相模原, (1998.7), pp. 293-297
  10. 黒田 洋司・宮澤 和紀・浦 環:"惑星用ローバのための仮想環境システムに関する研究(接触判定と反力計算)", Proc. ISAS'98 相模原, (1998.7), pp.270-275
  11. 松村 竹実・浦 環:"環境ライルサイクルアセスメント(後編)", Techno Marine, (1998.4), pp.268-272
  12. 松村 竹実・浦 環:"環境ライフサイクルアセスメント(前編 )", Techno Marine, Vol. 825, (1998.3), pp. 193-198
  13. 松村 竹実・浦 環:"環境問題とライフサイクルアセスメント",第3回造船設計シンポジウム,(1997)
  14. 海洋工学委員会海中システム部会:"深海沈没船調査・作業用ROVの仕様について", Techno Marine, Vol.818, (1997.8), pp.560-565
  15. 松村 竹実・浦 環:"Preliminary Estimation Tool of Propulsive Performance for High Speed Craft based on Artificial Neural Networks", Proc.ICCAS'97,Vol. 1, (1997.10), pp.215-229
  16. 浦 環:"深海沈没船調査・作業用ROVの仕様について", Techno Marine,Vol.818, (1997.8), pp.560-565
  17. 浦 環:"「ナホトカ」に潜る",海(沖シーテック公告誌),No.16, (1997. 9), pp.12-18
  18. 浦 環:"「ナホトカ」の主船体の潜水調査", Techno Marine, Vol.817, (1997.7), pp.521-526
  19. 浦 環・高川 真一編著:"海中ロボット", (株)成山堂書店 ,(1997.4)
  20. 浦 環:"RR調査研究紹介(2) 事故における人的要因", 造船研究, Vol.29, No.1, (1997.4), pp.15-17
  21. 浦 環:"開発における異分野交流の目的と方法−海中ロボットの開発を通じて−", 講演会「新たな視点からの港湾設備と技術開発」講演集, (1997.02), pp.13-pp.20
  22. Junku Yuh, Tamaki Ura, George A Bekey編:"UnderWater Robots", Kluwer Academic Publishers, (1996.6)
  23. 中山 英一郎・岡村 慶・蒲生 俊敬・野崎 義行・石橋 純一郎・小畑 元・柄谷 肇・浦 環・能勢 義昭・紀本 英志・紀本 岳志:"深海航型鉄(II)・鉄(III)・マンガン(II)自動分析装置の開発", 日本分析化学会第44年会講演会講演集, (1995.9), 246
  24. 寺本俊彦編,浦 環,他著:"研究者たちの海",(株)成山堂書店, (1994.10)
  25. 浦 環・高川 真一:"海中ロボット総覧", (株)成山堂書店, (1993.11)
  26. 浦 環・他編著:"海中技術一般", (株)成山堂書店, (1992.2)
  27. 浦 環・大和 裕幸:"ノルウェーのSESに搭乗して", 日本造船学会誌第737号, (1990.11), pp.722-724
  28. 高川 真一・浦 環・岡本 峰雄:"海洋調査及び海C中作業機器について", 海洋音響学会誌, Vol.60, (1990.10), pp.216-220
  29. 浦 環:"海洋工学への意気込み", 日本造船学会誌, Vol.729, (1990.3), pp.49-51
  30. 宮田 秀明・浦 環・深澤 塔一・大和 裕幸・山口 一・木下 健・都井 裕・影山 和郎・吉成 仁志・鈴木 英之:"論文集と学術講演", 日本造船学会, Vol.725(1989.11), pp.759
  31. 前田 久明・竹内 倶佳・石谷 久・小寺山 亘・大川 豊・浦 環:"「海中技術」(その1 総論)", 日本造船学会誌, Vol.724, (1989.10), pp651-656
  32. 深沢 塔一・浦 環・金湖 富士夫・岸本 雅裕・木下 健・佐々木 高幸・鳥井 幸典・中村 容秀・松原 知之・山北 和之・湯浅 和昭・芳村 康男:"幕引き、そして幕明けへ", 日本造船学会誌, Vol.719, (1989.5), pp.295-302
  33. 木下 健・羽田 知所・松村 純一・八木 光・浦 環・中村 容秀・松原 知之・湯浅 和昭・武田 裕:"これからの日本造船学会のあり方", 日本造船学会誌, Vol.700, (1987.10), pp.686-694
  34. 宮田 秀明・浦 環・木下 健・都井 裕・深澤 塔一・吉成 仁志・山口 一:"これからの船舶・海洋研究と学会", 日本造船学会誌, Vol.700, (1987.10), pp.679-685
  35. 浦 環:"船舶海洋工学の技術文献を検索するためのシソーラス", 造船と情報, Vol.15, (1985.7), pp.3-10
  36. 浦 環:"船舶・海洋工学技術文献シソーラスの開発", 日本造船学会誌, Vol.664, (1984.10), pp.568-572


Last modified: Thu 24 Jun. 2004
URA Laboratory, IIS, The Univ. of Tokyo / auvlab@iis.u-tokyo.ac.jp