『ぼくの/わたしの設計した水中ロボット』ギャラリー

絵をマウスでえらぶと、大きな絵をみられます。
大阪市茨木市の小林 直生君(小2)
「クジザメぞうあんごう」

コメント:
 スタミナがいっぱい クジ(ラ)ザメぞうあんご(こ)う
(はたらきもの)ぞうはきずをなおすはたらきもの。
さめは食じを作るはたらきもの、
サメはこわがりものだけど、身をまもるためにはなる。
くじらの体はどこでも行ける。
でも上にいくには風船がいる。
あんこうはやさしいもの。
泣いたりしたら、ちょうちんをゆらしたりしてねむらせる。
全体はいろいろなやく目がある。
食べものをわけたり、それで上にあるたごうはすみとかをはいて
身をまもるためにいる。
あまいものはそんなに食べない。なぜなら、ふとるから。



ギャラリーに戻る
浦研究室ホームページに戻る