『ぼくの/わたしの設計した水中ロボット』ギャラリー

絵をマウスでえらぶと、大きな絵をみられます。
千葉県千葉市の本村 徹也君(小6)の作品
「あん号」

コメント:
このロボットは魚型のロボットです。
「あん号」といいます。
はば5m、高さ3mの中型。主に海底調査に使われます。
地上からの有人コントロールのため、マニピュレーターの作業が見やすいように上にライト、カメラがついています。
カメラは体の各部にもつけられており、まわりの状況(じょうきょう)を確認(かくにん)できます。
また、ボディはほぼ円筒形(えんとうけい)なので、強い圧力にもたえることができます。
移動のときはマニピュレーターをしまって移動できます。スクリューで移動します。
また、浮上(ふじょう)のときは側面(そくめん)のスクリューを下にむけて、上へと浮きあがることができます。
海底での不都合(ふつごう)に対応できるロボットです。

ギャラリーに戻る
浦研究室ホームページに戻る