『ぼくの/わたしの設計した水中ロボット』ギャラリー

絵をマウスでえらぶと、大きな絵をみられます。
千葉県市原市の二見 紘史君(小5)の作品
「ボール型 Hirosi 号」

コメント:
うでが二本ついていて、貝などをのせるカゴがついている。
スクリューをつかって進む。
出入口は上についている。
深海の貝などをカゴに入れてもって帰ったり、あみで魚をつかまえたりする。
「ボール型 Hirosi 号」の内部(ないぶ)

大きさは2メートル×3メートル
乗員は2名

ギャラリーに戻る
浦研究室ホームページに戻る