『ぼくの/わたしの設計した水中ロボット』ギャラリー

絵をマウスでえらぶと、大きな絵をみられます。
千葉県市原市の二見 朱音さん(小4)の作品
「ヒラメ型 1号」

コメント:
カメラで魚の写真をとったり、あみで魚をつかまえられる。
目 :ライトの役目をする。
ひれ1:大きくなって魚をつかまえるあみになる。(泳ぐときにも使う)
ひれ2:前後にカメラがついてる。あみになる。
しっぽ:あみになっている。
おもり:ロボット本体が重いのでそう重くかんじない。
おびれ:コンピュータが入っている。

ギャラリーに戻る
浦研究室ホームページに戻る