『ぼくの/わたしの設計した水中ロボット』ギャラリー

絵をマウスでえらぶと、大きな絵をみられます。
松山 ジェンマ君(小3)の作品
「FLYIN222」(フラインスリーツー)

コメント:
このロボットはさいてい1万mのうみの中にもぐれます。
空もとべます。
空をとぶんだったら、さいてい30mとべます。
ベルトはけんにへんしんするし、手はロケットにもなります。
みぎあしはてっぽうになって、左あしはゲームセンターになっています。
テレビもみれます。
耳はうみの中でもきこえます。
だからこんな水中ロボットはとてもべんり。
あのよ(世)にいく魚もびっくりカンカン!!

ギャラリーに戻る
浦研究室ホームページに戻る