『ぼくの/わたしの設計した水中ロボット』ギャラリー

絵をマウスでえらぶと、大きな絵をみられます。
中垣 法修君(小3)の作品
「スーパー水深ロボット」

コメント:
このロボットは水深何メートルでももぐれます。
むねについているたまみたいな物は、がんじょうな鏡です。
これはめずらしい魚の写真をとるためにある鏡です。
背中についている羽は空を飛ぶためについています。
はらについているダイヤはテレポートのためにあります。
手についている丸い物は土をほるためにあります。

ギャラリーに戻る
浦研究室ホームページに戻る