研究計画

    1)自律型水中ロボット研究開発

    2007年度の研究計画

    • 2007年4月、UT'07+SSC'07国際シンポジウムを東京にて開催、日本およびアジアや欧米などから主要ロボット研究者ら200名以上が参集、討議および情報交換を深めた。

    UT'07+SSC'07参加者記念写真

    • 2007年8月、最新鋭AUV「TUNA-SAND」および「Tri-Dog1」により、鹿児島湾たぎり熱水地帯の観測とハオリムシサイトの詳細なマッピングをおこなった。
    • 2008年1月、環太平洋域のAUV研究者による国際ワークショップApuuRobo'08を東京にて開催、各国の主要ロボット研究者と研究交流を深めた。
    • 2008年3月、「r2D4」および「TUNA-SAND」による伊豆小笠原海域の明神礁熱水地帯観測をおこない、「r2D4」は明神礁カルデラ内一周に成功。